先輩からの声(加藤一平君へのインタビュー)

瀬戸青年会議所への入会をお考えの方への、先輩からの声として加藤一平君へのインタビューをお届けします

加藤一平

2013年入会
2014年度最優秀委員
2015年度 まちの魅力委員会 委員長
2016年度 副理事長

 

 

 

 

入会のきっかけ

入会のきっかけは同業の先輩に飲みに行こうと誘われて行ったら、メンバーが多数いた飲みだったのが最初かな。その時は商工会議所の事だと思ってました。

家業に入る前は瀬戸を離れてましたので、業界内に同世代の仲間もあまりおらず、漠然とした不安もあり、何か地元との関わりを持ちたいとか、今後の自分の為になることをしたいとかの気持ちがあったので。まぁ参加してみるのもいいかなって思って軽い気持ちで入会を決めました。

 

入会の前と後で変わったことは

2014年は、会員開発委員会において、副委員長をさせてもらいました。やはり副委員長になると、理事会上程のための議案作成の手伝いや事業実施のための現地の下見など、いろいろと自分が動かないといけないことが出てきます。やはり仕事と家庭との両立はしっかりと行いたいと思っていましたので、スケジュール管理には気をつけるようになりました。

いままで適当に行ってきたというわけではありませんが、他の先輩方も家業を持って、僕以上に忙しいはずの人が、僕以上にしっかりとJC活動している姿を見て、勉強させてもらったという感じです。空いた時間を有効に使うなど、時間の管理が上手になったと感じています。

2014年度最優秀委員受賞の思い出

自分以上に頑張っていた人はたくさんいたので、何で貰えたのかなって今でも思います。僕が貰った最優秀委員というよりは、その時の委員会のメンバーにいろいろ助けてもらって一年が無事に完了したので、自分の中では委員会全員で取らせてもらった賞だと思ってます。

入会対象者へのメッセージ

様々な職種の人との出会いがあり、いろいろと社会勉強になる機会が多いところです。共に学び、活動する仲間を募集してます。詳しい内容の聞けるガイダンスも行ってますので、是非ご連絡お待ちしてます。