とうかい号について

第42回「とうかい号」乗船者募集は、締め切らせていただきました。

現在、第42回JC青年の船「とうかい号」乗船者を募集しています。とうかい号は本年42回を数えますが、その第1回の本部長および、第2回の団長は、瀬戸青年会議所OB(前瀬戸市長)である増岡 錦也先輩が務められました。以来2万4千人を超える若者たちが参加し、国際交流や洋上研修を通じて、次世代のリーダーとしての自己研鑽を重ねてきました。

とうかい号とは?

とうかい号とは、本年で42回を数える日本最大の洋上研修船です。第42回の研修日程は5月31日〜6月7日。名古屋港を出発し、寄港先の台湾で国際交流などの活動をします。乗船資格は、同船への乗船経験がない20〜35歳の男女で、各地青年会議所理事長からの推薦が必要です。

どんな船に乗って行くのですか?

ph_main
ぱしふぃっくびいなす号
総トン数26,594トン、旅客数620名を誇る豪華な客船となっています。詳細については以下のリンクもご覧ください
ぱしふぃっくびいなす号

乗船者輩出をご検討の企業等担当者様へ

以下、乗船パンフレットからの抜粋です

 JC青年の船「とうかい号」は過去42回にわたり東海4県の2万人を超える青年に乗船していただき、日本最大の洋上研修船として注目を集めて参りました。
そしてこの度、第42回JC青年の船「とうかい号」では8日間の洋上研修に加え、寄港地研修として国際交流を行い、異国の文化・風習に触れ、これからの日本人に不可欠な国際感覚と創造性を磨く絶好の場となるでしょう。
また、洋上の研修を経験することにより、未来を作るのは自分たちなのだという認識を育て、企業、地域に必要とされる次世代のリーダーとして自己研鑽に努めていただきます。そして、8日間の研修で、その先に芽生える壮大な目標に向かい、価値観の異なる乗船者と切磋琢磨する事で、必ずや御社の未来を背負って立つ、なくてはならない逸材へと成長していただきます。

瀬戸または近隣の方で、乗船者輩出をご検討の方は、瀬戸青年会議所事務局(0561-83-5077)までお問い合わせください。担当者が直接説明に伺います。

瀬戸青年会議所担当者からのメッセージ

DSC01227
あきらめない心委員会 委員長 倉石 憲吾

瀬戸青年会議所からは、4名の乗船者輩出を目指し、勧誘活動を行っております!ご乗船をご検討の企業研修担当者様など、お気軽にお問い合わせください!

こちらも御覧ください

第42回 JC 青年の船「とうかい号」乗船者募集のご案内(本サイト内リンク)

第42回JC青年の船とうかい号公式ホームページ

第42回「とうかい号」乗船者募集は、締め切らせていただきました。